MITのSOLVEに難民の教育に関するソリューションを投稿しました

MIT マサチューセッツ工科大学が主催する社会問題解決のためのオープンコミュニティ「SOLVE」に難民への教育に関するクレアリベロのソリューションを投稿しました。
“Catch A Poetry, Evoke Your Story – New Approach for Quality-Learning” by KREA LIBERO
http://solvecolab.mit.edu/challenges/2016/learn-refugee-education2/c/solution/1329331

ネット上にはこれだけフリーの教育サービスがあるものの、そもそもネット環境や端末がない、学校がない、教師が足りない、いまだ紛争状態の中に暮らしている、児童労働や早期結婚を強制される、女性の教育に対する長年の偏見があるなど、難民の子どもが基本的な教育を享受するにはまだまだ壁が多いようです。

提案したソリューションは、

  • 食品会社がCSR活動として協力し、ネット環境がない難民キャンプで、支給する食料のパッケージに豆知識や設問が書かれたシール(もしくはカード)を貼って、シール(orカード)を集めていったら、小さな自分用の図書館ができあがり、難民キャンプでの自己学習がゲーム感覚ではじまる。
  • ノートを支給し、日々の関心ごとや心に残ったことを書き留める。書いた内容をスタッフがアプリで撮影(スキャン)しアップロードすると、クラウド上のAIが分析し、個々の子どもの進路や興味のある事柄が、Recommendされる。
  • 希望者はノートに書いた内容をオンラインのプラットフォームで常に公開して、データを必要とする民間と公的研究機関へ有料で提供し、プラットフォームの運営資金とする。また、常に自分の情報を公開することで高まる透明性と引き換えに、移動し居住できる権利(VISA)が国際機関から得られる。
  • プラットフォームにブロックチェーン技術を導入し、難民に社会サービスを受けることのできるIDを与える。できればIDはカードではなく、虹彩認証などで行う。国連等からの支援金の支給は、電子マネーや仮想通貨で行う。
  • 公開された個人データは、ネットワーク上の誰か+AIが見守っていて、研究者やメンターと難民とが、常に相互にコミュニケーションがとれる。

といった内容です。

1週間以内で大急ぎで考えまとめて、期限ギリギリで投稿したため、ソリューションの全体を書けておらず(単純に英語が間違っていたり、サマリーが要約になっていないなど・・)、稚拙なプレゼン内容ですが、原文一読の際はご了承ください。というよりも、内容を詰めすぎで、もっとポイントを絞ってまとめるべきでした。^^;

ただ、こういった究極の社会問題に一度真剣に向かい合ってみると、現代社会の根本的な課題がかなり整理されて、次の時代への手がかりが少しずつ見えてくるのでオススメです。コミュニティの中から、メンターをどうやって生み出すかなど考えが至らなかったけれど、他の提案者の中にはかなり洗練されたアイデアもあるようです。


We proposed a solution for MIT Solve’s Refugee Education Challenge January 2017.

“Catch A Poetry, Evoke Your Story – New Approach for Quality-Learning” by KREA LIBERO
http://solvecolab.mit.edu/challenges/2016/learn-refugee-education2/c/solution/1329331

Please read this solution and support if you interested in.

Solve is an organism for solving the world’s most challenging problems.
The program invites participants from around the globe to be a part of the solution.

What Solve Does
Solve convenes extraordinary people to examine and address challenges where technology, business innovation, and smart policy can be combined to bring about real and lasting solutions. Read more about the program
Solve calls upon a diverse community of technologists and researchers, entrepreneurs and business leaders, policy makers and NGO managers, change agents and activists, and empowers them to work together.

2017/1/25